logo_catch logo_inzone logo_mplus galleryBeauty galleryCuisine galleryDiy galleryGreen galleryHobby galleryParenting galleryPet galleryStorage galleryStudy galleryTheater

No.153

「珈琲の焙煎環境」を最優先に。
リノベだから
「やりたい」が実現

Category
男性シングル
Client
  • 札幌市中央区 ・Y様
Tags

Photo Gallery写真クリックで拡大します。

No.153 「珈琲の焙煎環境」を最優先に。 リノベだから 「やりたい」が実現

元の画面に戻る

Owner’s Voice

男性シングル

珈琲が好きで、賃貸暮らしの時から自宅で豆の焙煎をしていました。匂いなど周りを気にしながらやっていたから、いずれは自分の家が欲しいなと。持ち家を買ったとしても、マンションで焙煎するのはダメだと思い込み、「一戸建てか……」と、ハードルの高さに家の購入を先延ばしにしていたんです。でもマンションでも自家焙煎している人がいるというのを知り、諦めかけていた気持ちに火が付いて。

SNSでマンションリノベのセミナー広告を見かけ、その時はまだリノベーションとは何かも知らず、半ば勢いで行ってみることに。セミナーに参加して驚いたのは、こんなにも自由に間取りや内装を変えられるんだなと。それからは、自分でもリノベーションについての勉強や、他社の情報収集をたくさんしましたね。

最終的にM+に決めたのは、上原さんの対応が良かったから。僕の物件に対する第一条件は、最上階。それだけでも数が限られるのに、加えて駅近など、自分の希望に合致するものがなかなか出ず、決めるまでは気持ちの浮き沈みがあって。リノベの話を聞いて、一時的にテンションが上がったけど、部分リフォームでも良いんじゃないかとも考えましたね。上原さんに相談すると、部分リフォームの物件と、フルリノベの物件を比較するツアーを企画してくれて。新築マンションも一応見たけど、高級感のあるラグジュアリーな雰囲気には興味がないし、全く惹かれない。ツアーのおかげで、やっぱり自分のやりたいことが実現できる、フルリノベが良いと思えたんです。あとは、M+のオープンルームのクオリティを見て、ここなら安心してお願いできると思えました。

間取りを考える上で意識したのは、珈琲の焙煎環境を整えることと、シンプルな暮らしの実現。珈琲のためのキッチンカウンターは造作に。部屋全体は風通しの良い、最上階のメリットを存分に活かして、壁やドアで仕切らず、オープンな空間にしました。極力モノは置かないように、事前に必要な分の収納量を考えて、設計してもらいました。
内装は自分の頭の中に理想とするイメージがあったから、あまり迷わなかったかな。今まで引っ越しが多くて、その度に部屋に合うインテリアを考えるのが癖になっていて。お気に入りの家具を中心に、どんどん「こうしたい!」っていう、イメージが湧いてくるんです。M+でリノベをすると、インゾーネの家具ポイントが付くので、ラグ・シェルフ・机・ベッドフレームなど、大きな家具を新調。ついでに家電も新しく買い替えて、新生活を満喫しています。

ようやくここに住み慣れて、落ち着いてきた感じがします。なんと言っても窓からの景色が最高。藻岩山が、朝日で照らされた景色が特に好きですね。ここは市電も近いし、周りにお店がたくさんあって。暮らしやすさに大満足です。いちばんこだわったキッチンのカウンターは、焙煎しやすいように家づくりをした甲斐あって、とにかく作業が快適。珈琲を淹れたり、焙煎したりするのに、賃貸の時よりもじっくりと時間をかけるように。土日のどちらかは、必ず珈琲の焙煎に時間をあてています。

友人を招いても、カウンターの評判が良いので嬉しいです。ロードバイクのトレーニングスペースを、土間に造ってもらったのも良かったですね。レースの前はもちろん、ジムに行かなくても毎日自宅でトレーニングができます。住み始めてまだ1ヶ月。珈琲が好きなので、もっと焙煎作業がしやすい家になるよう、趣向を凝らしていきたいです。

M+のリノベがわかるBOOKプレゼント♪

資料ダウンロード(無料)する

お客様の声を見る

このリノベーション事例を友達に紹介しよう!

Seminar

マンションリノベーションの基本を学べる!

リノベーションセミナー

セミナーの日程をみる

M+ Counter

inZONEのカウンターにて

プライベート相談

相談予約をする

TOP