logo_catch logo_inzone logo_mplus

リノベーションのこと

連載‖木野下、リノベする。#03立地よし!価格よし!

木野下 朋美
営業
木野下 朋美

こんにちは。木野下のリノベ実録コラム、今回はマンション探しのお話です。

私は車通勤ですが、パートナーは仕事柄帰宅が夜遅いため、ずっと徒歩通勤しています。
また、お互いの休みが合わないので、仕事を終えたあとが一緒に行動できる時間です。



共通の楽しみは、お酒と食べること。

私はお料理を作ることが大好きですが、週に1回は2人でお店にも出かけます。

そんなライフスタイルなので、住むのはパートナーの職場に近く、歩いて行ける範囲内に飲食店があるエリアが理想でした。



そこで、マンションに求めた条件は3つ。

①立地
②日当たりがよいこと
③2LDKの間取りが取れること

これは縁!私は確信しました。

札幌駅至近の築37年・73㎡(+バルコニー5㎡)、日当たりもまあまあある、手の届く価格のマンションに巡り合ったのです。

古い物件ですが管理体制も良かった(ココ大事です!)ので、よしここだ!と。
写真は購入時のようすです。



パートナーはというと…「古い!汚い!古すぎる!!」と騒いでいました。

同じような立地条件で築10年くらいのマンションだと4000万円台。
たとえ購入できたところで支払いがツラすぎます。借金地獄です(T_T)

「ここがイヤならもうナイし、マンション買えないし」…という話したところ、納得してくれました。




私のケースもそうですが、これまで担当させてもらったお客様の多くが、購入したいと思ったタイミングで、ちょうど良い物件と巡り合うことができています。


マンション探しは、自分たちにとって良い物件とは?のモノサシをもって、そして「これだ!」と思える物件と出合ったなら買うべし!です。

漠然と「もっといい物件があるハズ」と思いがちですが、見送ったあとたいていは「やっぱりあのマンションがよかった…」となるもの。
でも売れてしまうと、同じものを手に入れることは二度とできないわけで…。




一期一会を大切にとはよく聞きますが、マンションもそうだなあとつくづく感じます。

では、また。次回も読んでくださると嬉しいです!

このブログを友達に紹介しよう!

Seminar

マンションリノベーションの基本を学べる!

リノベーションセミナー

セミナーの日程をみる

M+ Counter

inZONEのカウンターにて

プライベート相談

相談予約をする

TOP